ごあいさつ

昨今わが国ではメンタルヘルスの失調を抱える人が増加し、その援助を適切に行うことが喫緊の課題となっています。心の病気に対しては、その疾病に応じて適切な薬を用いることも重要ですが、こころに働きかける心理社会治療も欠かせません。最近、そうした心理治療の一つとして認知行動療法(CBT)という治療の効果が実証的に証明され、全世界的に普及が進んできています。

CBTは、ものの捉え方のクセ(認知)や悪循環に繫がる行動パターンがといった心の仕組みを探り、治療者と一緒になってそれらに取り組み、修正していくことで辛い感情を改善する治療です。わが国でも2010年にようやく診療報酬化されたのをきっかけに、本治療法に対して多くの関心が寄せられるようになりました。本治療法は精神科医師だけではなく、精神保健に携わる多くの職種で利用可能なものでもあり、集団での応用や病気の予防も期待されています。しかし、残念ながら本治療を受けられる治療環境の整備や治療者の育成はまだまだ進んでいないのが現状で、心の病気で悩んでいる多くの人々が必ずしも恩恵に預かれないでいます。

本治療法の普及のためには、系統的かつ継続的に研修を行える場と指導者、正しい精神医学の知識、そして実践に基づく臨床研究などが必須ですが、道内においてもそうした場は極めて限られており、普及が遅延する一因となっています。

本センターでは、特に北海道内における精神医療・看護・福祉・心理・保健・産業・司法分野で、心の健康のための援助に専門的に携わる方々に対し、CBTの啓発普及および援助技術の向上、およびその実施に必要な正しい精神医学的知識の普及、そしてそれらの基盤となる臨床研究の支援を行うことを目的としています。具体的には経験豊かな一流の講師陣によるCBT関連のワークショップやセミナースーパーヴィジョン講演会勉強会の運営などを行います。それによって道内の精神保健・福祉の底上げを図り、ひいては心の健康・保健・福祉の増進にかかる公益に資することを目標にしています。

このホームページをご覧の皆さんは、心の失調を抱える人が立ち直るきっかけになりたいという熱意をお持ちだと思います。本センターを大いに利用して頂くことで、皆さんがCBTを実践する手助けをしていきたいと思っています。北海道のメンタルヘルスを良くし、全国にも発信してていく活動を一緒にしていきましょう!

 

理事長
北川信樹(医療法人ライブフォレスト 北大通こころのクリニック 院長)

理事
久住一郎(北海道大学大学院医学研究科精神医学分野 教授)
井上 猛(東京医科大学精神医学分野 主任教授)
高橋義人(医療法人ライブフォレスト 桑園メンタルクリニック 院長)
伊藤耕一(医療法人社団慶愛会 札幌花園病院 副院長)
朝倉 聡(北海道大学大学院医学研究科保健管理センター准教授)
鈴木衣穂子(医療法人ライブフォレスト 札幌こころの森クリニック 院長)
賀古勇輝(北海道大学大学院医学研究科精神医学分野 助教)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。